スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページで効果的な集客を

インターネット利用者は、確実に増加を続けています。総務省の調査によれば、インターネット利用者数は8,529万人。インターネットの世帯普及率は 87%、企業普及率は99.1%に達していると報告されています(平成25年度通信利用動向調査)。

従来は、比較的若年層に集中していた利用者層も変化を 見せており、13歳から49歳までの利用率が9割に達している一方、50歳代の利用率は7割強、60歳代の利用率も約5割といずれも高い伸び率を示してい ます。

私たちの周囲を見渡しても、店舗・商品・サービス情報等は、雑誌や電話帳ではなく、インターネットで探すのが一般的になっているように思います。総務省の調査でも、インターネットの利用目的として、第一位にあげられているのが「商品・サービス・企業・店舗等の情報入手」でした。

 ちなみに、第二位は「勤務先・友人等との連絡(メール)」、第三位は「ニュース・天気予報の情報入手」、第四位は「物品・サービスの購入・取引」。

 インターネットで探した情報を、知人間でメールを介して情報交換したり、インターネットを通じて予約・購入するというのが、幅広い年齢層で一般的な手段となっているのです。


スポンサーサイト

テーマ : 超初心者のアフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

Googleのテクノロジー

Googleのテクノロジー

共同創設者ラリーペイジは、「完璧な検索エンジン」とは、「ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返す」ものであると定義しています。 その「完璧な検索エンジン」の開発という目標達成に向かって邁進する Googleに並ぶものはありません。目標達成のため、Googleは常に画期的な技術を求め、既存のモデルの限界を打ち破ってきました。その結果、独自のサーバーインフラストラクチャと画期的なPageRankテクノロジーの開発に成功し、検索の方法を一新したのです。

Googleの開発者たちは、正確な結果を高速に提供するためには、新しい種類のサーバーが必要なことを最初から認識していました。検索エンジンの多くは、少数の大規模サーバーで構成されているために負荷がピークに達するとスピードダウンしますが、それに対しGoogleは複数のPCをリンクして1つ1つの検索にすばやく結果を返します。この革新的な技術によって、短い応答時間、高い拡張性、低いコストが達成されました。以来、Googleのアイデアは他の検索エンジンにも取り入れられるようになりましたが、Google はそのバックエンドテクノロジーをさらに改良してさらなる効率化に成功しています。

Googleの検索テクノロジーを支えているのは、一連の計算を数分の一秒で同時に行うソフトウェアです。従来型の検索エンジンは、単語が1つのウェブページに何回出てくるかに重点を置いています。GoogleのPageRankテクノロジーはウェブのリンク構造全体を調べ、どのページが最も重要かを判断します。その後、ハイパーテキスト一致分析を通じて、現在行っている検索に関連のあるページを特定します。Googleは、全体の重要度と検索クエリの関連性を組み合わせ、最も関連性の高い、信頼の置ける結果を提供しているのです。

PageRank テクノロジー: PageRank は、5億の変数と20億以上の用語の等式を解決することでウェブ ページの重要度を客観的に測定します。 PageRankは、リンク数を数えるのではなく、ページAからページBへのリンクを、ページAによるページBへの投票として解釈します。ページの重要度は、ページが受けた投票数によって決まります。

PageRankでは、投票したページの重要度も考慮されます。重要度が高いページからリンクされたページも重要度が上がります。重要なページはPageRankが高くなり、検索結果の上位に表示されます。Googleのテクノロジーは、ウェブ上に蓄積された情報を使用してページの重要度を決定します。検索結果にまったく人の手が加わらないことが、有料広告などに左右さ れない客観的な情報源としてユーザーの皆様から信頼されている理由です。

ハイパーテキスト一致分析: Googleの検索エンジンは、ページのコンテンツも分析します。 といっても、各ページのテキストを単にスキャンするのではなく (この方法はサイトの運営者によってメタタグで操作される可能性があります)、ページのコンテンツ全体と要素をフォント、分割構造、および各単語の厳密な位置という観点から分析するのです。 Googleは、隣接するウェブ ページのコンテンツも分析し、ユーザーの検索クエリに最も関連する結果を確実に提供できるようにしています。

Googleの技術革新は、デスクトップ上だけに留まりません。 Googleは、正確で高速な検索結果を携帯端末からウェブにアクセスするユーザーにも提供するため、HTMLをその場でWAP、i モード、EZWebなどに適した形式に変換する初めてのワイヤレス検索テクノロジーを開発しました。 Googleは現在、AT&T Wireless、Sprint PCS、Nextel、Palm、Handspring、Vodafone など、多数のマーケット リーダーにワイヤレステクノロジーを提供しています。

(提供:Googleテクノロジー)

 これからアクセスアップを目指すなら相互リンクサイトは、申請が通りやすいサイトです。

テーマ : 超初心者のアフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

Googleのアクセスアップ対策について

Googleの仕組みをお話しましょう。Googleの表示順は、「PageRank」という指標を元に決定されます。

このPageRankというのは、あなたのホームページに対する人気投票みたいなもので、あなたのホームページをリンクしているホームページが多ければ多いほど、このPageRankは高くなります。

従って、Googleのアクセスアップ対策その1は、「一生懸命リンク依頼をして、あなたのサイトをリンクしてくれるホームページを増やすこと」です。

通常リンク依頼というのは、リンク先経由でアクセスを増やそうという目的で行われるケースが多いのです。いわゆる「相互リンクしてください」というパターンで、あなたもリンク依頼を受けたことがあると思います。

しかし、このリンク先経由のアクセスは先方のアクセス数に依存しますから、あまり効果が高い方法とは言えません。

でも、このGoogleの「PageRank」をあげるという観点からは、リンク依頼は大変効果的な方法です。

かなり地道で、手間のかかる作業なのですが、片っ端からリンクしてくれそうなホームページに、リンク依頼をお願いしましょう。

依頼先のたとえ10%しかリンクしてくれなかったとしても、リンク数が増えれば、GoogleのPageRankはアップします。その結果、Googleでの上位表示が可能となり、アクセスアップへと繋がって行くのです。

結構手間がかかりますし、効果が直ぐに現れる訳ではないですが、地道にがんばりましょう。

相互リンクサイトは、申請が通りやすいサイトです。

テーマ : 超初心者のアフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

相互リンクについて



          相互リンクについて



相互リンクとは

 サイトを運営されているほとんどの方は知っていると思いますが、相互リンクとは自分が運営しているホームページと相手(相互リンクの相手)のホームページにお互いリンクをし合うということです。

 お互いに相手のホームページのタイトル、URLやそのホームページの紹介文などを登載し宣伝しあうことでアクセスアップが望めます。

 相互リンクする方法としては、相手のサイトにあるメールアドレスや申し込みフォーム、掲示板などそのホームページの管理者と連絡が取れる方法で相互リンクの申し込みをします。



相互リンクのメリット

▼お互いにアクセスアップが望める

 相互リンクをする際はリンク集などの場合紹介文が付くので、そのサイトに興味をもった訪問者が着てくれます。また、”お勧めのWEBサイト”などで紹介されるとその効果は結構大きいです。

▼ページランクのアップにつながる

 SEO・検索エンジン最適化のページランクについて説明していますが、相互リンクをすることは、外部のページから自分のサイトにリンクされるということですから、ページランクが上がる要因になります。

▼他のサイトとの交流のきっかけになる

 他のWEBサイトを運営している管理人の方と知り合うきっかけになります。
お互いにリンクをしあっているので、もうその時点で顔見知りのような関係になります。
まずは相互リンクのお願いをすることで交流のきっかけになることがよくあります。



相互リンクに関しての注意点

▼自分のサイトと同じジャンルのサイトに申し込む


 自分のサイトと同じ、もしくは共通点があるサイトに相互リンクを申し込みましょう。
よっぽどそのサイトが気に入れば別ですが、同じジャンルのサイトに申し込むことで共通の目的を持った訪問者がアクセスしてくれるのでお互いにアクセスアップできます。

▼相互リンクは数は多ければいいとは限らない

 たくさんの相互リンクサイトを紹介しているサイトがありますがそれはあまり良くないと思います。
これはリンク集での話になりますが、相互リンクの数を増やすことだけを考えると自然に目的が違うリンク集になってしまうような気がします。

 相互リンク集も自分のサイトの1つのコンテンツになるので気をつけましょう。
このサイトにいくと相互リンク集からあのサイトへもいける。ということもあります。

▼TOPページでの相互リンクはなるべくしない


 SEO・検索エンジン最適化のページランクについてで説明していますが、自分のサイトからのリンクはなるべく少ない方が検索エンジンに評価してもらえるサイト、となるようです。

▼リンクの紹介文は統一する


 相互リンク集などの相互リンクサイトの紹介文は統一するようにしましょう。
例えば、自分のサイトの紹介文に「~ぜひ遊びに来てください」や、「☆、♪」などを使っている人がいます。このような紹介文はサイト自体の説明にはなっていないので削除してしまった方がいいです。

 『リンクについて』などの説明ページを設け、相互リンクに関する注意事項として紹介文を少し変更することがあるなどを明記しておけばいいと思います。
「~のサイトです」や、「~しています」などで統一すると、訪問者が見て分かりやすいです。

▼相互リンク募集の場合は必要事項を明記しておく

 相互リンクを募集する場合は『ホームページ名』、『サイトURL』、『バナーURL』、『サイトの紹介文』、『管理人さんのお名前』などを教えてください、などリンクする場合の必要な情報を明記しておきましょう。
相手のサイト内を見ても必要な情報がわからないことがあるので、お互いがリンクの取り付けをスムーズに行うためにも必要事項を明記しておきましょう。

▼リンクを申し込む時は始めに自分のホームページにリンクを張ってから


 相互リンクしたい相手に申し込むときはまず自分のホームページに先にリンクを張りましょう。
これは申し込む際の礼儀でもあり、依頼されたほうが先にリンクしなければならないということにならないようにしましょう。



相互リンクの頼み方の例

はじめまして、○○と申します。
○○で○○さんのホームページ○○を知りました。

 今私は○○について調べていて、○○さんと同じテーマのホームページをいろいろ見ましたが、○○さんのホームページに一番ほしい情報が紹介されていました。
見やすくて文章も上手に書かれていて大変参考になりました。
ブックマークさせていただいたのでまた勉強しに来たいと思います。

 私も○○という○○についてのホームページを運営しています。ご迷惑でなければ私のホームページから貴ホームページをリンクさせていただけませんでしょうか?どうかよろしくお願い致します。

 それと、もし、私のホームページをみて気に入ってくださったら相互リンクという形になったらうれしく思います。今後ともよろしくお願い致します。

○○より
ホームページアドレス
メールアドレス



相互リンクサイトは、申請が通りやすいサイトです。
あくまで一例ということで参考にしてみてください。


テーマ : 超初心者のアフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

コンテンツを作り出せないサイト

コンテンツを作り出せないサイト

リンク販売業者のキャッチコピーで良く見かけるフレーズとして、Googleページランク5以上のサイトから○○○リンクで○○○円と言うフレーズを見かけますが何故それが欲しいのでしょうか?

それを購入したら、検索順位が上がるからと思う方も数多くいらっしゃると思います。基本的に有料リンクの購入はスパムですからあまりオススメしないのですが、要は多くの方がGoogleページランクが高い=質の高いリンクだと思いこんでしまう傾向があるようです。

確かに質の高いリンク先と言う目安ではそういう考え方もあると思います。しかし実際にはGoogleページランクのみがリンク先の質を決定づけているわけではありませんのでそんな安易に決めつめない方が得策でしょう。

何故ならば、Googleページランクが高いサイトとは、簡単に表現しますと、リンクを出している量よりも受けている量が圧倒的に多いサイトの事を示すわけです。

そのサイトが貴方をはじめ多くの方に有料リンクとしてバックリンクを送る事で、Googleページランクを落とす可能性も考えられます。また、これまではリンクを外部に出していなかったサイトがある時を境に一気に発リンクを増やしても、検索エンジンからすると少し不自然なわけです。

仮にそのサイトがGoogleツールバー上ではページランク5だとしても、Googleの検索エンジン自体では、ページランク5の価値があるのか?は不明な場合もあると言う事です。あくまでツールバーに表記されるランクは一つの目安でしかありません。

そう考えると、Googleページランクばかりをバックリンク先として意識するのではなく、しっかりと運営されているホームページやブログから、適切なアンカーテキストでバックリンクを自然な形で頂く事の方が価値が高いと思います。

要は、検索順位ばかり意識したホームページを作らずに、テールワードでアクセスを頂き尚且つそのコンテンツ内容を評価してもらい、適切なアンカーテキストでバックリンクを頂くと言う事です。

バックリンクを購入する事はお金があれば出来るでしょう。但しコンテンツを評価してもらいバックリンクを獲得して行く事は非常に難しい事ではあります。だからそのようなサイトは自然に検索順位が上がりますし、ユーザービリティーの観点でも便利なサイトと出来きる結果、コンバーション(成約)に繋がると言うわけです。

YahooがGoogle化する今、バックリンクの質を追い求める事以上にコンテンツの質を見直したり、追求する事の方が十分にコンバーション(成約)を意識したSEO対策と言えます。

Google検索エンジンの基本概念としては、リンクを評価したいわけではなくコンテンツを評価したいと言う理想に向けて前進してます(まだまだそれが出来ている状態ではありませんが)から、検索エンジンの高度化が進む今後、コンテンツを作り出せない方は、もう全く太刀打ち出来なく可能性も大きいわけです。

簡単な相互リンクサイトにリンクさせておくことを薦めています。

テーマ : 超初心者のアフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

ランキング
相互リンクサイト
アクセスアップを目指します。
検索数予測ツール
検索数予測チェック
- aramakijake.jp

検索数予測ツール
キーワード
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。