スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテンツを作り出せないサイト

コンテンツを作り出せないサイト

リンク販売業者のキャッチコピーで良く見かけるフレーズとして、Googleページランク5以上のサイトから○○○リンクで○○○円と言うフレーズを見かけますが何故それが欲しいのでしょうか?

それを購入したら、検索順位が上がるからと思う方も数多くいらっしゃると思います。基本的に有料リンクの購入はスパムですからあまりオススメしないのですが、要は多くの方がGoogleページランクが高い=質の高いリンクだと思いこんでしまう傾向があるようです。

確かに質の高いリンク先と言う目安ではそういう考え方もあると思います。しかし実際にはGoogleページランクのみがリンク先の質を決定づけているわけではありませんのでそんな安易に決めつめない方が得策でしょう。

何故ならば、Googleページランクが高いサイトとは、簡単に表現しますと、リンクを出している量よりも受けている量が圧倒的に多いサイトの事を示すわけです。

そのサイトが貴方をはじめ多くの方に有料リンクとしてバックリンクを送る事で、Googleページランクを落とす可能性も考えられます。また、これまではリンクを外部に出していなかったサイトがある時を境に一気に発リンクを増やしても、検索エンジンからすると少し不自然なわけです。

仮にそのサイトがGoogleツールバー上ではページランク5だとしても、Googleの検索エンジン自体では、ページランク5の価値があるのか?は不明な場合もあると言う事です。あくまでツールバーに表記されるランクは一つの目安でしかありません。

そう考えると、Googleページランクばかりをバックリンク先として意識するのではなく、しっかりと運営されているホームページやブログから、適切なアンカーテキストでバックリンクを自然な形で頂く事の方が価値が高いと思います。

要は、検索順位ばかり意識したホームページを作らずに、テールワードでアクセスを頂き尚且つそのコンテンツ内容を評価してもらい、適切なアンカーテキストでバックリンクを頂くと言う事です。

バックリンクを購入する事はお金があれば出来るでしょう。但しコンテンツを評価してもらいバックリンクを獲得して行く事は非常に難しい事ではあります。だからそのようなサイトは自然に検索順位が上がりますし、ユーザービリティーの観点でも便利なサイトと出来きる結果、コンバーション(成約)に繋がると言うわけです。

YahooがGoogle化する今、バックリンクの質を追い求める事以上にコンテンツの質を見直したり、追求する事の方が十分にコンバーション(成約)を意識したSEO対策と言えます。

Google検索エンジンの基本概念としては、リンクを評価したいわけではなくコンテンツを評価したいと言う理想に向けて前進してます(まだまだそれが出来ている状態ではありませんが)から、検索エンジンの高度化が進む今後、コンテンツを作り出せない方は、もう全く太刀打ち出来なく可能性も大きいわけです。

簡単な相互リンクサイトにリンクさせておくことを薦めています。

スポンサーサイト

テーマ : 超初心者のアフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング
相互リンクサイト
アクセスアップを目指します。
検索数予測ツール
検索数予測チェック
- aramakijake.jp

検索数予測ツール
キーワード
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。